これは面白い!ダンジョン飯

私が初めてこの本と出会ったのは、コンビニエンスストアでした。

ダンジョン飯と書かれたタイトルの本を見て、誰がどんな想像をするでしょう。

筆者もダンジョン飯?

無人島的な感覚で魚っとて焼いたり煮たり、はたまた牛や豚の狩りをしてそれを食べるのか?と思いました。メインは冒険の話でしょと。

これが見てビックリ面白い!

まさかの、実際のダンジョンで出てくるモンスターを調理して食べるというもので、なんだモンスターかと思われるかもしれませんが、調理内容がかなりしっかりしているのです。一種の料理本感覚です。

はい。捕まえましたからの焼きました。食べましょうではなく、そのモンスターの構造から調理の仕方。スライムに至っては、乾燥ナマコのように調理して食べると書いてあるのです。しかも、珍味で高いものらしい…。

冒険しながらの漫画なのですが、メインをモンスターの調理に置いているため、出てくるモンスターをどのように食べるのか見ているだけでワクワクとしてきます。

その中でも、筆者が特に面白いと思った話を簡単に二つ載せたいと思います。気になる方は是非読んでみてください。

マンドラゴンと言えば、抜けば叫び声が聞こえ聞いたものは死んでしまう。そう考えるかと思います。このダンジョン飯でもマンドラゴンはそう捉えられています。

しかし、ダンジョン飯ではそれを食すために抜くのです。いちいち怯えながら抜いていたら食べれるわけもありません。

マンドラゴンの食べ方を熟知している同行者がいるのですが、抜く前に○○してしまえばいい。と実践姿を見て、思わずなるほど!とうなってしまいました。

しかも、それをオムレツにして食べる姿はなんともたくましく感じます。

もう一つは、ダンジョンと言えば罠でしょう!

槍が出てきたり宝箱が罠だったり様々あると思います。

ダンジョン飯では、そらすら調理道具になるのです。筆者もビックリ。え⁉︎そこから採れたもので天ぷらしちゃうの?と思いました。

マグマの中や油の池等々ではありません。
え⁉︎まさかのここ??と思う場所です。筆者がダンジョン攻略者なら、まずその油を使って調理をしようとは思いません(笑)

しかも、その手に入れた油はオリーブオイル。特産らしいです。
この他にも、多種多様のモンスターの調理や冒険があり、久々に面白いと思えるマンガの一つです。

機会がありましたら、ぜひ見て頂けると独特のダンジョンワールドに魅せられることは間違いないかと思います